7人制ラグビーに注目2020年、東京スタジアムで熱戦が繰り広げられる

15 人制とはまた違った魅力をもつ 7 人制ラグビー。別名セブンズともいわれ、2016 年リオデジャネイロオリンピックで男女ともに正式種目となるなど、注目が高まっています。2020 年の東京オリンピックでは東京スタジアムが試合会場となり、さらに日本代表のキャンプ地として、「府中朝日フットボールパーク」がそのひとつに。2019 年ラグビーワールドカップに続き、2020 年に向けても目が離せません!

スピーディーな動きが魅力。
日本代表は世界トップレベル。

15 人制に対し 7 人で行うのが 7 人制ラグビー。人数は減っても使うフィールドは同じなので、その分ボールが大きく動くダイナミックさと、スピーディーな動きが見どころです。4 年に一度、ラグビーワールドカップ・セブンズが開催されており、オリンピックはリオデジャネイロ大会から男女ともに正式競技に。リオ大会では男子日本代表が優勝候補のニュージーランドから大金星を挙げて4 位という成績を上げました。世界のトップを目指すチームとして 2020 年も注目を浴びること間違いなしです。

7人制ラグビーのルール

7 人対 7 人で行います。広いフィールドを少ない人数でカバーするため、ボールが大きく動き、スピードとアジリティ、ハンドリングスキルがカギとなります。スクラムは 3 対 3 で組みます。

7分ハーフの前後半で、決勝戦は 10 分ハーフで行われます。ハーフタイムは 2 分以内。1 試合約 15 分で終了するため、1 日で 10 試合以上行うことが可能です。

セブンズの大会はお祭り騒ぎ 観客を飽きさせないよう、BGMなどでスタンドを盛り上げたり、観客同士が仮装たりと、お祭り騒ぎ。15人制とはまた違った雰囲気を楽しめます

7 人制で注目して欲しいのはやはりスピード感ですね。人数が少ない分パスの回数も多いので、見ていてエキサイトすると思います。あとは、会場の雰囲気も 15 人制とは違って、クラブミュージックのような音楽がかかっていたりして、見ている方もすごく楽しめると思います。2020 年に向け、府中のチームからオリンピックの選手が選出されるのはすごいことなので、自分自身チャレンジしていきたいと思います。スピードの部分は自信を持っているので、世界に注目されるようなプレーをしていきたいですね。

松井千士選手

サントリーサンゴリアス所属。ポジションはウイング。同志社大学2年のときにセブンズの日本代表に選出。リオデジャネイロオリンピックのアジア予選ではトライ王を獲得し大会出場に貢献した。ワールドカップ・セブンズ 2018 でも日本代表に選出、2020 年に向け、更なる活躍が期待される。