新着情報

2017.03.24

協働アドバイザーに廣瀬俊朗さんを選任

府中市ラグビーのまち協働アドバイザーに廣瀬俊朗さんを選任

府中市では、ラグビーワールドカップ2019及び東京2020オリンピックの7人制ラグビーの東京スタジアムでの開催を契機に、官民連携で取り組んでいるラグビーのまち府中推進委員会を中心に、ラグビーを通じたスポーツの推進やまちの活性化に向け、様々な取組を実施しています。
今後、この取組を一層充実していくため、「府中市ラグビーのまち協働アドバイザー」に、廣瀬俊朗(としあき)さんを、高野市長が選任しました。

廣瀬さんには、併せて、ラグビーのまち府中推進委員会特別顧問にも就任していただきました。
今後は、当委員会の各事業のPRをはじめ、当委員会への助言や事業提案・協力をお願いしてまいります。

ラグビーのまち府中推進委員会の吉田峰生(みねお)委員長

 

市長、廣瀬さん、ラグビーのまち府中推進委員会の皆さん

 

廣瀬俊朗さん

1981年生まれ。5歳のときよりラグビーを始め、北野高校を経て慶応大学に進学。
2004年に東芝に入社、2007年には主将に就任。トップリーグプレーオフで優勝を果たす。また、日本代表にも選出され、2012年にはキャプテンに就任。2015年のラグビーワールドカップイングランド大会では、日本代表史上初の同一大会3勝に貢献。
その後、2016年に引退。自身で設立した日本ラグビーフットボール選手会の代表理事を務める傍ら、日本のラグビー普及、強化、環境改善などに取り組んでいる。
2017年度より東芝のコーチに就任。市内在住。

ラグビートレーニングマッチ府中市⺠観覧者募集

情報発信拠点施設『183 FUCHU FAN ZONE』

「ラグビーのまち府中」モニュメント完成記念式を実施

「ラグビーのまち府中」オンライントークショー@183 FUCHU FAN ZONE

【目標達成!】「ラグビーのまち府中」モニュメントの設置に向け、クラウドファンディングを実施!

ラグビーワールドカップ2019公式マスコット「レンジー」マンホールを設置

【府中市長杯争奪 府中ダービーマッチ】市長杯贈呈&パブリックビューイングを実施しました

[2020.1.12]『府中市長杯争奪 府中ダービーマッチ』パブリックビューイング開催!

[2020.1.3]トレーニングマッチ観戦の注意事項等について

「府中・調布・三鷹ラグビーフェスティバル2019」を開催します!

すべての記事一覧